11月30日のラーマーヤナカード
DSCF8696_convert_20160712055328.jpg
11月30日のラーマーヤナカードは「神酒/ソーマ」です。
ラーマーヤナ物語の場面では、世界では、魔王のラーヴァナのために悩まされていたので、それに対抗できる人間が必要とされていました。そんな時に、コーサラ国のダシャラタ王(ラーマ王子の父)は、世継ぎがいなかったので、子授けの祈願の儀式を行いました。火のなかから神が現れ、王に妙薬の入った壺を手渡しました。
カードの意味は、始まり、具現化する前段階、秘密、です。

1日を振り返って、来年の予定がいくつか決まりそうな感じになってきました。予定を決めるために、まだ決めたり、考えたりすることが出てきました。そうして、具体化して固まっていくんですね。
スポンサーサイト
[2016/11/30 06:05] | 未分類 | コメント(0)
次のページ
インドの知恵から―アーユルヴェーダと月の暦


インド5千年の知恵によって、もっとすこやかで幸せな日々を過ごせるライフスタイルの再発見をしていきます。

プロフィール

松ちゃん

  • Author:松ちゃん
  • インド暦普及協会主宰
    NPO法人 日本アーユルヴェーダ研究所 付属 日本アーユルヴェーダ・スクールに勤務して20年経ちました。
    月の暦の製作のお手伝いなどをしています。5月に日暮里にささやかなセミナルームをオープンさせました。
    インドが大好きです。私のお気に入りをあれこれご紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

月の暦メールマガジン登録フォーム


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する