ビジネスマン・ビジネスウーマンのための月の暦
☆「ビジネスマン、ビジネスウーマン」のための月の暦の使い方

 
月の暦が、あなたのお仕事をちょっとだけ、後押し致します。

例えばこんな風に使えます!
お花マークの日:ラッキーデイ、重要な人と会う日に、お店の開店に
「軽」の性質の日:出張に出発、新しいプロジェクトの発足に
「柔」の性質の日:打ち合わせ、クリエイティブな仕事、デザインの決定に、
「動」の性質の日:出張に出発、決定事項の変更に、情報交換に
「定」の性質の日:起業や契約などに



スポンサーサイト
[2011/11/01 01:00] | 月の暦 使い方 | コメント(0)
月の暦はこんな風に使えます
DSCF0123.jpg

☆初めての方のためのワンポイントアドバイス☆
カレンダーをつり下げる場合は、裏表紙の折り返し部分を広げて、ご使用ください。
カレンダーの表紙には、障害を取り除き、富と繁栄と幸運をもたらし、学問や占星術などの神様であるガネーシャ神の絵を載せてあります。(頭が象で体が人間の神様です)インド式月の暦は神聖なものですので、これをつり下げる場合は、お手洗い以外の場所に下げて下さい。

インド式月の暦の毎日のカレンダーには、毎日の性質が載っています。
その他、毎日の月の位置や、毎日の月の満ち欠けの順番が、インドの古い言語のサンスクリット語で記載されています。
・最初は、その日の性質が何かだけを見ていく感じで、まず、毎日、月の暦を眺める習慣をつけるようにしてみてください。
・次に毎日の性質に関連した活動が、裏表紙の折り返し部分に、一覧表になって載っていますのでこちらを参照してください。そうすると、その日に何をすると一番良いかがわかります。
・その他、次のようなこともわかりますので、それぞれの目的に合った日を選ぶことも出来ます。
ラッキーな日がいつかわかります。
気をつけて過ごしたら良いのはどの日かわかります。
新しい仕事やプロジェクトを始めるのに良い日や、ヒーリングに良い日がわかります。
月の満ち欠けによる吉凶もわかります。

インド式月の暦を見る目的は、まず、毎日の「日の性質」を見ることによって、今まで私達が見てきた見方とは違う角度からその日その日を見ていくことです。
そして、自分自身と自分の周りを、さらに、私達の周りで起こっていることを、今までと違う角度から見ていくことです。
「日の性質」とそれにふさわしい活動に注目していくことによって、あなたも「時間」の流れの特徴や「時間」という自然の波に意識を向けてみてください。「時間」の特徴を楽しんでみてください
[2006/11/23 23:27] | 月の暦 使い方 | コメント(0)
インドの知恵から―アーユルヴェーダと月の暦


インド5千年の知恵によって、もっとすこやかで幸せな日々を過ごせるライフスタイルの再発見をしていきます。

プロフィール

松ちゃん

  • Author:松ちゃん
  • インド暦普及協会主宰
    NPO法人 日本アーユルヴェーダ研究所 付属 日本アーユルヴェーダ・スクールに勤務して20年経ちました。
    月の暦の製作のお手伝いなどをしています。5月に日暮里にささやかなセミナルームをオープンさせました。
    インドが大好きです。私のお気に入りをあれこれご紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

月の暦メールマガジン登録フォーム


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する